あえて「石森章太郎」と言う

石ノ森章太郎さん漫画遺産500冊
「仮面ライダー」「サイボーグ009」などで知られる漫画家、故石ノ森章太郎さんの作品が初めて全集として発売されることが23日、分かった。全集は500冊に上り、漫画家としては史上最大。「漫画世界遺産」としてギネスブックへの申請も検討されている。

私の中では「石ノ森章太郎」より「石森章太郎」の名前のほうがしっくりきます。
「サイボーグ009」を別格ですが、作品では「リュウの道」と「さるとびエッちゃん」が大好きでした。
ほとんどを週刊誌連載のリアルタイムで読んでました(年がわかってしまいますな)。
a0006144_22535911.jpga0006144_22541643.jpg


未完に終わった「サイボーグ009・天使編」。石森はどんな構想でいたのでしょうか。
人類を創生したという「天使」へ、人類を守ると009たちが宣戦布告したところで中断。
まさに「神」と「人類」の戦いという壮大な構想。これほどの傑作が未完なのが残念でなりません。
じつは、「天使編」が中断になったとき、兄と「こんな大風呂敷をどうやって石森はたたむのか」と
話し合ったことがあります。たたまれぬままにこの世を去ってしまいました。
a0006144_2316516.jpg

(上の画像、008がオリジナルとちょっと違うのが残念)
[PR]
by minami18th | 2005-09-25 23:18 | 砂に足跡