辻本は「敗者」か「犯罪者」か

社民・辻元清美氏が出馬表明 「敗者復活のきく社会を」
辻元出るって?
社民党が衆院大阪10区の公認候補として擁立を決めた元衆院議員・辻元清美氏(45)が 16日、大阪府高槻市で記者会見し、立候補を正式に表明した。
比例近畿ブロックにも 重複立候補する。辻元氏は「敗者復活のきく社会をつくる役割を担わてほしい」「地方から 聞こえる悲鳴みたいな声をきちんと国政に届けたい」と意欲を語った。 会見には福島党首(49)が同席した。立候補する理由について、辻元氏は「福島さんが憲法問題などでテレビで孤軍奮闘しているのをみて、『ほっとかれへんわ』という気持ちが 強まった」と説明。社民党に復帰する理由を「衆院は政党政治のぶつかり合い。1人で 国会に行くのは難しいと思った」「社民党は小さい。絶滅危惧種が国会にまだいると 思われてるかも知れんけど、絶滅危惧種は大事なんです。多様性ですわ」と述べた。

秘書給与詐取事件で有罪判決を受けて執行猶予中だが、辻元氏は無所属で立った昨年の参院選で落選したことに触れ、「参院選の71万8千票(次点)が励み、後押しになった」と語った。
福島氏は、辻元氏に7月末に電話で「また一緒にやろう」と持ちかけたという。



「敗者復活」とは落選した議員や、仕事上のミスで干された人が もう一度復活を目指すこと。
悪事が発覚して辞めたんだから「敗者」じゃなくて「犯罪者」だろ。
犯罪者が選挙に出ることを「敗者復活」とは言わない。
「更生の機会を与えてください」と言うならまだ理解できるんだが。

社民党の党首福島は弁護士だったよな。
弁護士なのに法の重さを感じてないのか。感じないふりをしてるのか。
法廷で弁護したいなら、どう弁護してもいい。
しかしここは選挙という、国民の審判を仰ぐ場所なのだ。

懲役2年執行猶予5年というのは限りなく実刑判決に近いと言われている。
5年というのは法で定められた執行猶予期間の最長である。
普通、執行猶予期間は宣告された刑の2倍程度である。
つまり裁判所は、最後まで実刑に処するかどうかを迷っていたと推測できるのだ。

現行の法律上、立候補は自由だ。しかし議員にするかどうかを決めるのは有権者。
高槻市民と比例近畿ブロックの有権者の良識が問われているのだ。

われわれ国民が今直面してるのは、日本という国が倒産するかもしれないという現実。
自分の敗者復活よりも「日本の敗者復活」を考えろ。
[PR]