広島の亀は竜宮城に連れていってはくれません

自民党造反者
亀井氏の公認、党に申請へ 「地元に尽力」(2005年08月12日)
自民党広島県連は12日、広島市内で選対役員合同会議を開き、郵政民営化関連法案の採決で反対票を投じた亀井静香元政調会長(広島6区)について、党本部に公認を申請することを決めた。

党本部は「造反組」を公認せず、対抗馬擁立を進めている。党本部が亀井氏を公認せず対立候補を擁立した場合、県連はあらためて対応を協議する方針。
県連の奥原信也幹事長は会見し、亀井氏の公認申請を決めた理由について「長い間、地元や県のためにご尽力いただいた」と説明。会合では異論は出なかったという。

奥原氏は「選対本部から選挙に関する連絡がなく、県連としても不満を感じている」と党本部の対応に不快感を表明。亀井氏の対抗馬擁立については「県連に相談なく唐突に『この人が出ます』と言われても、準備期間もなく、選挙は難しいと思う」と述べた。


うろたえモードに入ってますね。
白黒つけに、別の選挙区から出たら評価も違うのでしょうが。
良くも悪くも有名人ですから、公認無しでも勝てそうに思えますが、勝っても今までの居場所は確保できるはずも無し。

そもそも国政にたずさわる議員が、地元への貢献を大声で言うものではありません。
地元に貢献すべきは地方議員。国会議員は外交と防衛を中心に、国の舵取りが仕事のはずだと思います。
[PR]