公認が無いのは解散前からわかってたはずだが

自民反対派、非公認に反発=新党結成は進まず
新党立ち上げ

郵政民営化法案に反対した自民党の郵政事業懇話会(綿貫民輔会長)は8日午後、幹部会を開き、今後の対応を協議した。小泉純一郎首相が衆院選で、郵政法案に反対した議員を公認しない方針を示したことに反発が相次いだが、「一人でも多くの議員を当選させる」ことを確認するにとどまった。

幹部会の後、NHK番組に出演した綿貫氏は「公認しないとかどう喝的な形で事を進める執行部こそ問題だ」と批判。「あくまで自民党の中心になって党を動かしたい。今の執行部に退陣いただいて、わたしどもがやることにより、より良い自民党ができる」と述べた。
平沼赳夫前経済産業相は記者団に「(新党結成は)選択肢の一つ」との考えを重ねて示したが、「その前になぜ非公認なのか。われわれこそ公認すべきだ」と述べた。

同会は執行部に公認を迫る一方、非公認に備え新党結成も模索する考えとみられるが、首相は反対した議員を公認しない方針を鮮明にしている。新党結成も意見集約は進んでいない。


公認しないことは、すでに明言されてたはずだが。
それとも、廃案にすれば風向きを変えると思ってたのか?

ここで小泉が方針を変えたら自民は屍の山を築くだけ。
断じてこいつらを公認してはならないと思う。

無所属だろうが、新党結成だろうが、好きにやればいいじゃないか。
解散の引き金を引いたのは、おまえたち自身なのだから。 
[PR]