カズ 横浜FCに移籍?

三浦知が横浜Cに移籍へ 本人は前向きに回答
サッカーのJリーグ1部(J1)神戸の元日本代表FW三浦知良(38)が、2部(J2)の横浜FCに移籍する見通しであることが18日、明らかになった。今季2度目の監督交代で神戸の指揮を執るパベル監督の構想から漏れ、最近5試合ベンチ入りメンバーから外れていた三浦知に対し、J1昇格を目指す横浜Cが獲得を申し出た。

横浜C側は「オファーは出した。本人からは前向きな回答を得ている」としている。三浦知は、なるべく早く決断を下す姿勢を示しており、近日中にも移籍する可能性が高まった。J1最年長プレーヤーの三浦知は15歳でブラジルに渡り、プロ選手としてサントスなどでプレー。1990年に帰国して東京Vの前身の読売クラブに入団。93年にはチームをJリーグ初代王者に導き、MVPに輝いた。

94年には日本人選手で初めてイタリア1部リーグ(セリエA)のジェノアに移籍。その後、クロアチア(現ディナモ)ザグレブなどに所属した後、99年から京都、2001年から神戸でプレー。日本代表としては91試合に出場して歴代2位の通算56得点を記録している。


おお、横浜に来るのか!
現役を横浜で終えることになるのかなぁ。
[PR]