「君たちに明日はない」(垣根涼介)

a0006144_1564080.jpgリストラ請負人・村上真介の仕事は、クビ切 りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行。 女の子に泣かれ、中年男には殴られ、恋人には笑われる…。明日の恋と仕事はどうなる! ? 笑って唸って泣かされる、女と男の危う いドラマ。

主人公の勤める会社は、「退職勧告のための面接請負」が主要業務。
最初の部分の、自分の粗利から経費を引いて会社に対しての純利を考えるくだりは、ドキッとさせられました。全体的には明るい雰囲気の小説です。まあ、こういうテーマで暗くしてしまったら、どうしようもなくなるだろうし。出来過ぎた話と言ってしまえばそれまでだが、こんな現代だからこそ生まれた小説ですね。

第18回山本周五郎賞受賞作品。「山周賞にハズレ無し」はまたもや正しかった。
[PR]
by minami18th | 2005-06-12 01:57 | 砂に足跡