上海の詭弁

「取り締まらないことで反日デモの激化防止に」上海市、横浜市申し入れに回答

日本総領事館や日本料理店などへの破壊行為を伴う反日デモが行われた中国・上海市と友好都市提携している横浜市は20日、同市が行った抗議と安全確認の申し入れに対し、上海市から回答が寄せられたと発表した。横浜市によると、回答文には「取り締まりに踏み切らなかったことは事態の激化の防止につながった」という一文が盛り込まれており、横浜市の中田宏市長は「詭弁(きべん)だ。目の前で見過ごすことがデモを拡大させなかったというのは極めておかしい」と不快感を示した。

横浜市によると、回答文ではデモについて「一部の上海市民が自発的に行った活動で、日本政府が正しく歴史を認識し、2度と中国人民の感情を傷つけるようなことをしないようにという願望」と定義した。さらに「上海に駐在する機構や人々の安全を守るために、社会の正常な秩序を保っている」と安全面を強調する一方、「上海警察が取り締まりに踏み切らなかったことは事態の激化の防止につながりました」という一文が盛り込まれたという。
【2005/04/21 東京朝刊から】


私、横浜市民です。
申し入れに対する回答とは思えない、不遜な態度ですね。開き直りですか。
デモの取り締まりは実行しないという、宣言のようにも解釈できます。
それとも市内の治安維持ができないという本音を見せているのでしょうか。

中国はけっこう慌てて、国内引締めに乗り出してますね。
インターネットで民衆を操って反日デモを演出しましたが、暴走に至ってる。
「愛国無罪」の免罪符は、諸刃の剣になってしまいました。
現体制を不満に思ってる民衆が、相当数存在するのかもしれません。

日本企業が撤退したらどうなるのでしょう。
アメリカ資本の企業がやってきますよ。
かつての欧米による植民地時代に戻ります。
歴史認識ってやつを、中国こそが学ぶべきかと考えます。

もし横浜市民がデモをやって、中華街の店でも破壊したらどう言ってくるのでしょう。
ああ、その時には
「神奈川県警察が取り締まりに踏み切らなかったことは事態の激化の防止につながりました」
と回答すればいいのですね。
[PR]