後継者は根競べで決める

ローマ法王死去で初めて知ったことが多い

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が2日、死去した。84歳だった。
ローマ法王庁の発表によると、法王は、ポーランド人側近らに看取られながら現地時間午後9時37分、息を引き取った。

法王死去のニュースが流れると、数千人の信者がバチカンを訪れ、既に到着していた信者と共に、死去を悼んだ。在位期間が26年以上に及んだ法王は、東欧の民主化などに力を尽くした。
法王の正確な死因はまだ明らかにされていないが、ここ10年ほどパーキンソン病と関節炎に苦しみ、健康状態は徐々に悪化していた。

後任の新法王は、世界の候補者117人の中から、15日―20日以内に
「コンクラーベ」と呼ばれる枢機卿会の選挙で選出される予定。

セリエAの試合が延期になるくらいだから、日本でいえば天皇崩御と同じように考えればいいのでしょうか?海外の宗教指導者のこととか、よくわかりません。島国日本の教育では、そういうこと教えてくれないですからね。調べてもピンとくるものも見つからないし。(おまいの勉強が足らんと言われたらそれまでですが)

勲章の意味とか、価値・重みなんてのもよくわかりません。
日本の勲章はさておいて、外国の勲章って、たぶんものすごい重みがあるような気がします。
[PR]