駆けっこは苦手でした

「800」(川島誠)を購入。陸上の800mを舞台にした小説です。未読なので感想は後日。

私は走ることが得意ではない少年でした。競走だけではなく、球技だって下手くそでした。
要は運動神経の良くない子どもだったわけです。

小学校の運動会の徒競走。1位から3位に入賞するとリボンがもらえました。
体操着の袖に付けられた赤や黄色のリボン。
一度でいいから欲しかったけど、自分には一生縁のないものだと思ってました。
中学校に入っても同じようなものでした。

進んだ高校ではクラス対抗で陸上競技大会がありました。
種目は100m、200m、400m、1500m、走り幅跳び、走り高跳び、砲丸投げ、円盤投げなど。
運動部とか自信のあるやつから各種目に立候補してゆきます。
複数の種目にはエントリーできないので、最後のほうは推薦か、残った者が出場するしかありません。

残った種目は400m走。
自信の無かった私が立候補するわけもなく、静かにしてたら隣の席のやつが私を推薦しました。
早く終わらせたかったのでしょうね。異議無く決定してしまいました。
「俺じゃビリだぞ」と言ったら、「心配するな。誰も期待してないから」との声。

私は弓道部に入ってました。多少のランニングとかはしても、鍛えるような運動はしません。
なにせ弓道部は「文化系運動部」と揶揄される部活動でしたから。

迎えた当日、暑いくらいの春の好天だったのを覚えてます。
学年ごとに予選を行ない、上位3名が決勝に進出します。

自分をはじめ、誰一人として決勝進出なんて期待しないまま、スタートしました。
夢中で走って、我に帰ったときは私がゴールのテープを切ってました。
走ることで初めて一番になりました。

速いやつは他の種目に行ったから勝てたのでしょう。さらに400mという距離が
私に合っていたのかもしれません。決勝でも3位でゴールに入ることができました。
小学校の運動会のようなリボンこそ無かったものの、クラスの仲間たちからの祝福の声が
うれしかったです。

翌年以降の400mは、私の指定席になってしまいました。
2年のときも予選1位、決勝3位。
3年のときには、あいつ(私のこと)が勝てるのだから400mは穴場なのだとの噂が流れ、
運動部の連中がエントリー。でも予選2位で決勝4位でした。

良い意味で周囲の期待を裏切った、高校時代の良き思い出です。
[PR]