「ほっ」と。キャンペーン

呪海—聖天神社怪異縁起

a0006144_014143.jpg岩手県南部にある聖天神社の後継者聖天弓弦(しょうてん・ゆずる)は、下津町神島地区の神嶋神社宮司である安東英俊に頼まれて、百年に一度の大祭を手伝うことになる。
かつて大祭の時に大津波が起きて大惨事になった秘祭だが、その惨事の原因を知るものはわずか数名になっていた。村の人間以外は入れてはいけないという大祭のさなか、東京から人形供養を依頼にきた漫画家のアシスタント山田頼子がやってくる。そして彼女が持参した市松人形に秘められた力が……

作者は平谷美樹(ひらや・よしき)。小松左京賞も受賞してる、SF畑の作家です。この「呪海」はホラーであり伝奇SFでもあります。私はこの手の話が大好きです。

神社(神道)とは怨霊鎮魂のためのシステムなのか。
死者に対峙するための土俗宗教なのだろうか。
実に興味深い。
[PR]
by minami18th | 2004-11-22 00:02 | 砂に足跡