川島に「フクシマ」コール謝罪

ベルギー1部リーグのゲルミナルは23日、リールセの日本代表GK川島永嗣(28)に対して、サポーターが「フクシマ」とヤジを浴びせた件で、クラブ公式サイト上で謝罪の意を表明。東日本大震災被災地への募金活動を開始した。

ゲルミナルは「リールセでの試合中に不幸で不快なコールを行ったことは、クラブの社会的良心、社会的責任を損なう行為だった」と表明。クラブの公式サイト、フェイスブックを通じて被災地への義援金寄付を呼びかけた。また、28日に本拠地で行うSリエージュ戦の会場でも募金活動を行うことを明らかにした。

19日のリールセ―ゲルミナル戦で、ゴール裏の相手サポーターから「カワシマ、フクシマ」と、被災地・福島を揶揄(やゆ)するようなコールが続き、「冗談にできることじゃない」と激怒したGK川島が審判とサポーターに抗議。客席からペットボトルが投げ入れられ一時、試合が中断する騒動に発展した。試合後にリールセは同国リーグ協会に抗議を行っていた。


ゲルミナルの謝罪文
[PR]