咲さんからの手紙

○○先生へ 

先生 お元気でいらっしゃいますでしょうか?
おかしな書き出しでございますこと、深くお詫び申し上げます。

実は感染症から一命を取り留めたあと、どうしても先生の名が思い出せず
先生方に確かめたところ、仁友堂にはそのような先生などおいでにならず、
ここはわたくし達がおこした治療所だと言われました。

何かがおかしい。そう思いながらも、わたくしもまた次第にそのように思うように
なりました。夢でも見ていたのであろうと・・・

なれどある日のこと、見たこともない奇妙な銅の丸い板を見つけたので
ございます。その板を見ているうちに、わたくしはおぼろげに思い出しました。
ここには先生と呼ばれたお方がいたことを。

そのお方は揚げだし豆腐がお好きであったこと。涙もろいお方であったこと。
神のごとき手を持ち、なれど決して神などではなく、迷い傷つき、お心を砕かれ
ひたすら懸命に治療に当たられる仁をお持ちの人であったこと。

わたくしはそのお方に、この世で一番美しい夕日をいただきましたことを 
思い出しました。もう名もお顔も思い出せぬそのお方に、恋をしておりました
ことを・・・ 
なれどきっとこのままで、 わたくしはいつか全てを忘れてしまう。

この涙のわけまでも失ってしまう。なぜか耳に残っている修正力という言葉。
わたくしはこの思い出を無きものとされてしまう気がいたしました。

ならば、 と筆をとった次第にございます。
わたくしがこの出来事に抗う術はひとつ。 この思いを記すことでございます。
○○先生、改めてここに書き留めさせていただきます。

橘咲は、先生をお慕い申しておりました。 
                                           橘咲
[PR]