福島原発事故は「神の仕業」だって?

福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定-与謝野経財相

与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせたと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当だとの考えを重ねて強調した。
今回の原発事故をめぐっては、安全対策の不備や人災だとの指摘が国内外から出ている。「最高の人知」や「神による異常な自然現象」という論理で東電を徹底擁護する主張には、「原発は安全」と説明されてきた地元住民らからも批判が出そうだ。


こりゃとんでもないことを言い出したものだ。
神の仕業というなら、人間に制御できない施設ってことだ。
ならば全原発の稼動は停止し、すべて廃止すべきだろ。
多くの批判を呼ぶぞ、こりゃ。
[PR]