『セカンド・ラブ』 乾くるみ

『イニシエーション・ラブ』の衝撃、ふたたび。1983年元旦、僕は春香と出会う。僕たちは幸せだった。春香とそっくりな女・美奈子が現れるまでは。良家の令嬢・春香と、パブで働く経験豊富な美奈子。うりふたつだが性格や生い立ちが違う二人。美奈子の正体は春香じゃないのか?そして、ほんとに僕が好きなのはどっちなんだろう。

『イニシエーション・ラブ』の衝撃には及ぶべくも無い。

ヒロインが何故そういう性格なのかが全く明かされてない。
犯罪で言えば、動機の解明がされてないのと同じ。

最後のオチに至るための描写もしくは伏線が無い。
それがあれば、もっと鮮やかなラストになったのに残念。

このアイデア、作者自身は、もっと練りたかったんじゃないかな?
消化不良の感じだけが残ってしまった。

年末の「このミス」とか「本ミス」のランキング入りはするかもしれ
ないけど、もうちょっとがんばってほしかったなぁ・・・・
a0006144_11133198.jpg
[PR]