「マニフェスト」と書いて何と読む?

「マニフェスト」民主のせいでイメージ悪化?
夏の参院選の選挙公約をどう呼ぶか、各党が悩んでいる。
昨年の衆院選ではこぞって、政策の実施期限や財源などを示した公約を意味する「マニフェスト」と呼んだ。

だが、鳩山政権がマニフェストにこだわり、財源確保の見通しも立たないまま赤字国債依存の予算を組むなど、この呼称の印象が悪化したためだ。

公明党は2003年衆院選以来、国政選挙での公約をマニフェストと呼んできた。今回は「民主党のせいでマニフェストへの信頼が損なわれた」(幹部)との声を受け、呼称を「重点政策」などに変えることを検討中だ。昨年の衆院選では「マニフェスト」を使ったみんなの党の渡辺代表も10日の記者会見で、この呼称が「詐欺という印象を持たれている」と断じた。既に、参院選に向け、「アジェンダ(政策課題)」という言葉を多用している。

対照的なのが自民党だ。従来は民主党と同じになることを嫌い、「政権公約」などとしてきたが、「マニフェストという言葉が定着した」(石破政調会長)と方針転換。インターネットの検索サイトで「自民党のマニフェスト」と入力しても、検索しにくいという事情もあったという。

一方、民主党は「マニフェスト」を今回も使う。鳩山首相は12日の政権公約会議で、参院選に向け、「子どもも読めるマニフェストを作ったらどうか」と提案、教育、子育てに関する政策説明を中心に、党内で検討することになった。社民党は「マニフェスト」、国民新党、共産党は「公約」などを使う方針だ。


言葉遊びしてんじゃねーよ。

「ブルジョワ」→「リッチ」→「セレブ」 と言い換えられてきた。

「洋菓子」→「デザート」→「スィーツ」 これも言い換え。中身はたいして変わらない。


「公約」→「マニフェスト」→ さあ次は何と言い換えるんだ?
[PR]